コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

若林氏辞職 菅副総理「考えられない」 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)

 自民党の若林正俊元農水相が参院本会議での採決時に他人の投票ボタンを押した問題の責任をとり議員辞職した問題について、閣僚から厳しい批判が相次いだ。

  [フォト]青木幹雄前参院議員会長の机に手を伸ばす若林氏

 菅直人副総理・財務相は2日午前の会見で「国会の採決を本人以外の人ができるとなったら、憲法上の問題だ。『うかつ』のレベルではない重大なことで、考えられない」と批判した。平野博文官房長官も「ボタンによる投票方式を取り入れて初めてのことで、驚いている」と語り、枝野幸男行政刷新担当相は「本人は軽い気持ちだったのかもしれないが、大変重たい話だ」と述べた。

【関連記事】
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相

薬剤師国家試験、合格率2割近く減(医療介護CBニュース)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
国交省地方局係長、容疑で逮捕=中2女子にわいせつ行為-兵庫県警(時事通信)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)
<食品事故>製造現場を互いに調査 日中両政府が合意へ(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)

 大阪府寝屋川市と京阪電鉄は25日、昭和9年に製造され「びわこ号」(60形)の愛称で親しまれていた車両を復活走行させると発表した。

 昭和45年の引退まで大阪・天満橋-滋賀・浜大津間を運行した人気車両。10年前から寝屋川車両工場に保管されており、市が活用を提案した。

 復元に必要な数千万円の費用は市民から寄付を募る。イベント車両として走らせるほか、グッズ販売も。市は「寝屋川を鉄道ファンの聖地にしたい」と話している。

【関連記事】
鉄道むすめ人形「但馬みえ」を発売
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?
阪神なんば線が開通1年 記念行事やグッズ販売も
SLやまぐち号、今シーズンの運行開始
JR西「ICOCA」、5月から京阪と連絡定期券
あれから、15年 地下鉄サリン事件

愛知の高校教諭、車から生徒の個人情報盗まれる(読売新聞)
出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒(スポーツ報知)
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表-農政連(時事通信)
職員4119人を処分=北海道開発局のヤミ専従問題-国交省(時事通信)
【十字路】京都の“嵐電”100周年記念(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)

 大分県別府市の名物B級グルメを日夜調査している謎の組織「とり天Bメン」と「冷麺団」が23日、おすすめの25店を食べ歩く「ビンゴラリー」を始めると発表した。

 二つの組織は、年齢、職業不詳の市民らで構成。ビンゴゲーム方式のスタンプ帳で1列分5店を制覇すると特製缶バッジ、全店制覇すると巨大な金の缶バッジをもらえる。

 別府の魅力は、複雑に入り組んだ路地裏と、そこに息づく温泉と飲食店の雑然としたにぎわい。好みの店に出会えたら、まさにビンゴ?! 【祝部幹雄】

外相、26日に米大使と会談=普天間移設で協議(時事通信)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
<福生殺人>25歳容疑者逮捕 路上で男性刺す(毎日新聞)
<水俣病>不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事(毎日新聞)
糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で-岐阜地裁支部(時事通信)

 岐阜県関ケ原町の浅井健太郎町長が私的に発行する新聞に、町を提訴した原告の氏名を公表したのはプライバシーの侵害だとして、町民6人が180万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が25日、岐阜地裁大垣支部であった。堤雄二裁判官は、原告のプライバシー権を認め、町長に102万円の支払いを命じた。
 堤裁判官は、係争中の裁判の原告であることが公表されることは「私生活上の平穏を害する悪質な不法行為に該当する」などとして、プライバシー権を認めた。一方、原告のうち現職と元職の町議2人については、公人であることから「不法行為とまでは言えない」とした。 

【関連ニュース】
陸自隊員らに有罪=14万人分情報漏えい
「出版差し止めまでの違法性ない」=光市母子殺害、実名掲載本で

北沢防衛相が哀悼の意 3人死亡の陸自演習場の野焼き事故で(産経新聞)
雑記帳 五輪銅の加藤選手が凱旋パレード 山形(毎日新聞)
普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)
禁輸、本会議でも回避へ=EUで輸出許可制模索の動き-クロマグロ(時事通信)
26万人に影響、60本が運休 122本に遅れ 架線トラブル(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決-名古屋高裁(時事通信)

 「1票の格差」が最大2.3倍となった昨年8月の衆院選小選挙区の定数配分は憲法が保障する選挙権の平等に反するとして、名古屋市の男性が選挙無効を求めた訴訟の判決が18日、名古屋高裁であり、高田健一裁判長は選挙は違憲と判断した。無効請求は棄却した。
 昨年の衆院選をめぐる定数訴訟は全国8高裁・支部で起こされ、判決は7例目。東京、大阪、広島、福岡の4高裁と福岡高裁那覇支部が「違憲」または「違憲状態」と判断したが、今月11日の東京高裁の別の裁判体は合憲とし、結論が分かれている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
参院選公約、3本立てで=地方版、業界向けも作成へ-自民(時事通信)
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
茨城で震度3(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。