コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

民主の「政治とカネ」、地方に根強い「未決着」感(読売新聞)

 菅直人・新首相(63)の誕生から一夜明けた5日、民主党の参院選立候補予定者は街頭演説などで「生まれ変わる民主党」を訴えた。

 トップ2人の交代で、同党は「政治とカネ」問題の決着を印象づけたい考えだが、逆風を受けた地方組織からは「まだ決着していない」とする声も根強い。一方、東京・武蔵野市の新首相の地元事務所は、厳しい状況での船出に祝賀ムードもなくひっそりとしていた。

 鈴木陽悦(ようえつ)参院議員(61)は、午前9時から地元の秋田市中心部で演説に立ち、「鳩山首相は『政治とカネ』と『普天間』の問題で責任を取って身を引いた」として、民主党は生まれ変わると懸命に呼びかけた。

 「手を振ってくれる人が増え、反応も目に見えて良くなった」

 佐賀市内では、佐賀選挙区から立候補予定の女性新人が午前8時前から街頭で道行く人に支持を訴えた。変化の兆しを喜び、「トップ2人の辞任で『政治とカネ』の問題に一応の決着がついた」と語った。

 読売新聞が菅新首相誕生後、同党の47都道府県連の代表、幹事長などに取材したところ、鳩山由紀夫首相(63)と小沢一郎幹事長(68)の「政治とカネ」の問題が「決着した」としたのは20組織。これに対し、「まだ決着していない」としたのは16組織に上った。

 「2人の辞任だけで決着がつくとは思えない」とした岐阜県連は、「菅新首相が、国民からみてクリーンな党を実現できるかにかかっている」。新潟県連は、「責任の半分は取ったといえるが、法整備などこれからの課題がある」として、同党が政権公約に盛り込んでいる企業団体献金の禁止などを進めるべきだと訴えた。

 「決着はついた」とした20組織の中にも、「政治とカネの問題を透明化していく手法の確立を」(群馬県連)、「今後の新首相の指導力に期待したい」(千葉県連)など、再発防止策の導入などで注文を付ける声もあった。

 一方で、「わからない」や「回答できない」などとしたのは11組織。青森県連は「『政治とカネ』の問題では、どのあたりで有権者が納得してくれるのか読み切れない」として、「今後は自分たちも説明責任を果たしていかなくてはならない」とした。

 ◆新首相の地元事務所ひっそり

 東京都武蔵野市のJR三鷹駅近くのビルにある菅新首相の地元事務所は5日午前、閉じられたままだった。

 午前11時過ぎにお祝いのランを持って現れた男性支持者(57)は「置いておくわけにもいかないし、また出直します」と苦笑し、ランを抱えて帰っていった。

 「足をすくわれかねない。はしゃいでいる場合ではないということだ」

 菅氏を支える地元市議は、派手なお祝いの動きがないことについて、鳩山首相や小沢幹事長が国民の批判を受け退いた後の厳しい船出であることをあげた。任命式を経るまでは正式には首相ではなく「元々お祝い事は控えめな事務所」という理由もあるという。

 首相誕生の直後は、地元が歓喜に包まれることが多い。2006年9月、安倍晋三氏が首相に就任した翌日は、地元・山口県下関市の事務所にランや祝電が次々と届き、自宅近くにはちょうちんも飾られて祝福ムードに包まれた。07年9月の福田康夫氏の首相指名の時も、地元・群馬県高崎市の事務所で大勢の支持者が万歳を繰り返した。

クロマグロ問題「妥協せず」=赤松農水相
民主党代表選 菅氏選出へ 幹事長に岡田・仙谷氏浮上(産経新聞)
小鳩去って古ダヌキ2匹…丸川議員また過激?発言(産経新聞)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
バレー元日本代表を逮捕=覚せい剤所持の疑い―大阪府警(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

シンシアの丘 介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)

 障害者を助ける介助犬の育成・普及や訓練士養成を行う国内初の介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」=愛知県長久手町=が開所1周年を迎え、29日に記念式典があった。日本介助犬協会の橋本久美子会長は「着実に介助犬の存在は広がっている。今後も全力でいきたい」と参加者約70人に語りかけた。

 02年の身体障害者補助犬法成立に貢献した介助犬シンシアなどを祭ったセンター内の補助犬慰霊碑では慰霊祭があり、シンシアとパートナーだった兵庫県宝塚市の木村佳友さん(50)らが献花した。木村さんは「いまだに介助犬との同伴を拒否する施設がある。介助犬の存在をもっと発信したい」と話していた。

 シンシアの丘は09年度に介助犬3頭、今年度と11年度は6頭を育成し、12年度には10頭に増やす計画という。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
寄託:堺陵東LC、シンシア基金に20万円 /大阪
ひょうご東西南北:介助犬に理解を フリマに支援ブース--宝塚 /兵庫
介助犬:理解を 宝塚・フリマでPR、「エルモ」も一役 /兵庫
タウンたうん:九州2頭目の介助犬--有田 /佐賀
介助犬:県内初 九州補助犬協が育成、城南・白木さんに貸与 /福岡

民主議員の事務所に刃物男=40分立てこもり現行犯逮捕―長崎県警(時事通信)
<暴力団>コンビニ標的に用心棒代…資金難で新手法(毎日新聞)
CD制作、安価に手伝い=市施設でプロ仕様の音を―大阪(時事通信)
技あり!柔道初段の女子高生、ナイフ奪い知恵使い強盗御用(スポーツ報知)
母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<環境保護>「最重要」日本の子供は2%…エアバス社調査(毎日新聞)

 「自分にとって環境保護が最も重要だ」と考えている日本の子どもは2%で、調査対象の10カ国中最も少なかったことが、欧州の航空機メーカー、エアバス社の意識調査で分かった。世界全体でも「コンピューターで遊ぶこと」「テレビを見ること」が最重要とする回答が「環境保護」の10倍に上り、生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)は「子どもたちと自然とのつながりが驚くほど希薄になっている」と指摘している。

 今年が「国際生物多様性年」であることから同社が初めて実施。フランス、米国、中国、日本など10カ国で5~18歳の計1万人を対象に今月、インターネットで調査した。

 自分にとって最も重要なものをたずねたところ、世界全体では「コンピューターで遊ぶこと」が最多で26%、「テレビを見ること」は14%、「動物の世話をすること」は9%で、「環境保護」は4%だった。日本の場合は、コンピューター23%、テレビ22%、動物の世話3%だった。

 「絶滅危惧(きぐ)種」という言葉の意味を知っている割合は、世界全体では86%。国別では中国90%、米国87%、日本66%だった。

 「最も保護したい生物」として選んだのは、10カ国中9カ国で「哺乳(ほにゅう)類」が最多。日本は哺乳類(36%)、サンゴ(27%)、鳥類(11%)、爬虫(はちゅう)類(8%)などと続いた。【大場あい】

【関連ニュース】
ケイマフリ:“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割
ルフトハンザ:世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ
リビア:旅客機墜落、103人死亡か 8歳の男児を救出
特集:きょう「国際生物多様性の日」(その1) ケリー・フォウラー氏に聞く

<東京スカイツリー>建設の裏話を披露 クレーンは風向きに合わせて旋回 (毎日新聞)
口蹄疫問題「責任問題より迅速措置が大事」 鳩山首相(産経新聞)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査-経産省
静岡県連への活動費ストップ=小沢氏、2人目抵抗で報復か―民主(時事通信)
「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<鶴見川女性遺体>いかりで沈める 遺棄容疑で捜査(毎日新聞)

 横浜市鶴見区の鶴見川で10日見つかった女性の遺体に、いかりのような重りがつけられていたことが神奈川県警への取材で分かった。女性は中~高年とみられ、県警は身元確認を急ぐとともに、何者かが遺体を沈めようとしたとみて死体遺棄容疑で捜査している。

 県警横浜水上署によると、遺体はポリ袋のようなものに入れられ、衣服は身につけていなかった。10日午後3時半ごろ、川に浮いていたところを通行人が発見、110番した。目立った外傷はなく、司法解剖して死因を調べる。【中島和哉】

【関連ニュース】
遺体発見:身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に
男性遺体:死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田
死体遺棄:草むらに男性遺体 愛知・半田
御殿場女性遺体:元夫の暴力、2月に児相に相談
死体遺棄:元夫と同居のマンション捜索 静岡

取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

62歳男性か、民家に遺体=殴られた跡、殺人の可能性-神奈川県警(時事通信)

 6日午後6時半ごろ、神奈川県横須賀市ハイランドの無職小林章浩さん(62)方に、男性の遺体があるのを県警浦賀署員が見つけた。遺体には殴られたような跡があることから、同署は事件の可能性があるとみて捜査。小林さんと連絡が取れないことなどから、遺体は小林さんとみて身元の確認を進めている。
 同署によると、遺体は死後数日から数週間経過しているとみられる。2階建ての小林さん方の1階台所で、毛布を掛けた状態で横たわっていた。室内に荒らされたような形跡は見当たらないという。小林さんは1人暮らしだったとみられる。 

口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢-警視庁(時事通信)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。